統括リーダーインタビュー!

こんにちは!筑波大学硬式庭球部3年の松本瑞希です。

今回は、学生統括リーダーとしてこの1年間MEIKEIの活動をまとめてきた田母神茜さんへのインタビュー!興味深い内容が盛りだくさんです。ぜひ最後までご覧ください!

――本日はありがとうございます!はじめに、学生統括リーダーになろうと思った理由やきっかけを教えてください。

やるならとことんやりたいと思ったからです。1年生のころから企業へのプレゼンやイベントのグルメマップ作りなど色々な役割を任せていただいたり、中心となっていきいきと活動する先輩方を見て自分もこうなりたい、と思い意識するようになりました。

インタビューの様子。2年前に制作したグルメマップを紹介している。

――では、3年間の活動の中で1番印象的だった出来事は?

1番って難しいけど、2年生の時にデザイン係のリーダーになったことかな。実は当時はイベントやYouTubeに興味があって、広報係を第1希望にしていたんです。デザイン係は第4希望で(笑)でもいざやってみると芸術という初めて関わる分野の方との活動は刺激的で、とても充実していました。今年度大会の軸にデザイン性を入れたのも、この時の活動で魅力を知ることができたたからです。

あと去年のポスターはメッセージ性を大事にしていたから、ポスター制作を通して大会に対する部員の想いや考えを聞く機会がたくさんあった。それもMEIKEIの活動をもっと頑張りたいと思うきっかけになったかな。

――そんな経緯があったんですね。今ではYouTubeの編集も担当されていますが、お気に入りの動画はありますか?

去年の統括リーダーである弘光さんが作ってくださったポスター制作の動画は宝物です!自分の中ですごく頑張ったと言い切れる活動だったから、それを取り上げて形に残していただけたのはすごく嬉しかった。今でもたまに見て、この時以上に頑張らないと!というモチベーションにしています。

――では、これまでの活動を通して身についたと感じる能力は?

今話していたデザイン関連でいくと、センタリングの鬼になった!(笑)初めてパンフレットを作ったときに微妙なズレの修正がたくさんきて、それからめちゃくちゃ気を付けるようになった。今ではパッと見ただけでずれていないかどうかわかるようになってきました(笑)

あとは、キャパが少し大きくなったと思う。リーダーになってからはMEIKEIの中でも色々な活動を同時進行しないといけなくて。作業量も考える時間もすごく増えて、活動し続けるっていう持久力が付いた感じかな。

――3年間やり続けたからこそ身についた能力ということですね。それでは、今後身につけたい能力は?

伝える力をつけたいです。人前で話すこと自体は苦手じゃないんだけど、「話す」と「伝える」は全然違って、自分の気持ちや言いたいことを伝えるのってすごく難しい。

リーダーとして経験を積んで少しは成長したかなと思うけど、やっぱり私が見て憧れてきた歴代リーダーの野間さんや弘光さんには全然及ばない。気持ちがストレートに伝わる言葉とか、話す姿だったり。でも勉強していく中で、憧れだった先輩たちも事前準備をたくさんして臨んでいることがわかった。センスだけじゃないなら、努力の部分は近づけるはずと思って今も目指し続けています。

――現在学生ブログでは2週に1回OBOGブログを更新しています。これは今月から新しく始まった取り組みですが、いかがですか?

めちゃくちゃ好き!貴重なお話聞けて面白い。以前からOBOGの方とお話しする機会が欲しいと言っていた学生に担当を振ったんだけど、贅沢な経験ができていて正直羨ましい!(笑)

――仕事をこなすだけではなく、人に振るのもリーダーの仕事ということですね。

そうだね。やりたい活動とか興味あることとかを聞いたときは結構メモしてる。何気ない雑談とかでも。それで関連した仕事があったら個人的に振ってみたり。

――おかげさまで私も学生ブログを担当できて、とても充実しています!では、そんな私たち後輩へ、来年度大会に向けて一言お願いします。

思い切って、やりたいことをとことんやってほしい!特に3年生はそれぞれにやりがいを持って積極的に関わってくれている人が多いから、来年は中心となってその輪をさらに大きくしてほしい。

大変なことも多いと思うけど、私の場合大変だったことの方が後から振り返ったときに記憶に残っているし、充実していたなと今感じてる。開催されたら絶対見に来るので、頑張ってください!!

――はい!ぜひ楽しみにしていてください。ありがとうございました!

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP