面白情報🎾

面白情報🎾

2021年5月3日 学生ブログ 最新情報 0

突然ですが、「シューゾー・マツオカルール」を知っていますか?聞いたことはないけど、名前に「あれ?」と思った人、鋭いです。そう、これはもう幻となったテニスの国際的なルールで、あの有名なテニス選手の松岡修造さんが起こした出来事によってつくられたものです。

1995年の全米オープン一回戦で、松岡さんは両足が痙攣してしまいコート上で倒れこみましたが、当時のメディカルタイムアウトは目に見える怪我のみに適用されるルールだったため、痙攣は対象ではなく、松岡さんは放置され試合が続行できず失格となりました。その姿があまりにもかわいそうで、痙攣によるタイムアウトが取れるようになり、「シューゾー・マツオカルール」と名付けられました。その後、このルールを意図的に悪用する選手が出てきたため、2010年に廃止となりました。わずか15年の幻のルールですね。

どうですか?知っていましたか?私は知りませんでした。このようにテニスには面白エピソードや豆知識がたくさんあります。ここではもう一つ、私が興味を惹かれたマニアック話を紹介したいと思います。

 

 

それはアンディ・マレー選手の話です。マレーはウィンブルドンなどで優勝経験のある世界トップ選手の一人ですが、なんとお寿司が大好物で、試合が終わった後は必ずお寿司を食べるそうです。驚いたことに、ウィンブルドンで試合の終了が遅くなる見込みの時には、クーラーボックスにお寿司を保存して持ち込んでいたこともあるそうです。日本人よりもお寿司愛が強いのではないでしょうか。面白いですね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。少しでもテニスに興味を持っていただけたら嬉しいです。私たちは、「近所でやっている、国際大会。」をスローガンに、筑波大学で筑波大学MEIKEIオープンテニス大会を毎年行っています。今年は、開催できるか未定ですが、プロ選手の熱い戦いを間近で観ることができます。是非会場にお越しください。

 

今後もMEIKEIオープンテニスを宜しくお願いいたします。

筑波大学体育会硬式庭球部2年
高萩眞子

 

写真引用先
https://www.thetennisdaily.jp/news/special/2018/0034756.php
https://www.google.co.jp/amp/s/spread-sports.jp/archives/18072/amp